• TOP
  • 日本人居住区で働けるかもです
  • 日本人になじみが深いです
  • 看護師転職サイトランキング

     

     

    日本人居住区で働けるかもです

    日本人になじみが深いです

    オーストラリアといえば、日本人に馴染みの深い国です。旅行先としても人気があります。オーストラリアは、医療費の85%を国が負担する国です。個人的なイメージとしては、臓器移植などの分野で、最新技術を誇っているというイメージです。

    そんなオーストラリアの医療事情はどうかというと、日本とは違った悩みを抱えているのです。
    オーストラリアといえば、広大な土地をもっている国です。人口密度も低いので、イギリス、アメリカなどのように病院が足りないという事はあまりないようです。その一方で、日本とはちがって、地方で働きたいという人が多いみたいです。

    オーストラリアのオーストラリア正看護師免許は、オーストラリア看護・助産協会が定めている基準にのっとって、実習段階で、全てのの項目基準を満たすと、各州への免許申請が可能になります。日本で看護師の経験がある場合は、書類を添付して申請するといいです。という事は他の国と比較すると、移住して働きやすいという事が言えると思います。

    仮に、オーストラリアの看護師登録プログラムを実施している大学を卒業する事が出来れば、そのまま看護師資格を得る事ができます。国家試験的なものはないので安心です。留学する感覚で、看護師免許の取得を試みる事が出来るんです。非常に有難い話だと思います。

    また、最近はシルバー向けの移住プロジェクトも活発で、高齢者や日本企業の住宅エリアなど、日本人が多く住む地域での雇用も期待されているそうですよ。
    ディップはたらこねっと

     

    ナース人材バンク