• TOP
  • 転職先について
  • 学校に転職
  • 看護師転職サイトランキング

     

     

    転職先について

    学校に転職

    看護師の転職を考えるにあたり、病院以外の選択肢のあります。病院以外というと一般企業や学校、幼稚園といったところになります。学校で看護師の資格をいかすには、保健室で生徒の病気やケガの応急処置とそれ以外の仕事が入ってきますが養護教諭という職があります。しかし、看護師がそのまま学校に勤務するかといって、養護教諭になれるわけではありません。

    看護師の資格と保健師の資格を持っていれば、申請するだけで養護教諭になれます。保健師の資格を持っていない看護師は、短大もしくは養護教諭の養成学校で養護科目30単位、教職科目12単位以上を取って卒業すれば養護教員の資格がもらえます。公立や私立の学校の養護教諭になりたい場合には、各都道府県や各学校の教員採用試験に合格する必要があります。

    また、養護教諭には1種と2種がありますが、働く上での特別な違いはないそうです。1種を取るには大学を出ているパターンが多いので、その大学卒業というところで給与の差はあるようですが、1種、2種だけで給与の差はないようです。

    晴れて養護教諭になったものの、生徒のケガや体調不良を処置する以外に、メンタル面での相談なども仕事範囲に入ってくるようです。近頃では、生 徒だけでなくストレスを抱えた教師のメンタルケアも行っているようです。昔と違って最近の教師は、生徒の親とのトラブルや学校自体が荒れている場合もあ り、精神的に疲れてしまっているようです。

    保健室にいる養護教員は、教師ではないので生徒たちもいろんなことを相談しやすくなっていると思います。そのような大事な仕事もすることとなり、病院とは違うやりがいを感じる人が多いです。学校内の安全や衛生面の管理、環境汚染の実態調査なども手がける例もありますので、病院では得られなかった満足感もあるようです。

    現在看護師として働いている人も10年後、20年後を見据えて行動することが大切です。ずっと病院の看護師と働くのか、一般企業で看護師の資格を活かすのか、学校で養護教員いなるのか。いずれも、それなりに準備や身につけるる資格などもあるので、まず、看護師の資格を活かして、病院以外で働くということを自分なりに調べてほしいです。そんなときに使えるのが、看護師に特化した転職紹介サービスです。いろんな転職事例があるので、あなたは転職でミスすることなく、未然に軌道修正もでき、来るべき日にあわてない転職ができるでしょう。

    ディップはたらこねっと

     

    ナース人材バンク