• TOP
  • 転職先について
  • 医務室
  • 看護師転職サイトランキング

     

     

    転職先について

    医務室

    看護師の転職先の中の一つに企業の医務室勤務というのがあります。 企業の従業員の健康管理などを行う職業で「産業看護師」などとも呼ばれます。 産業看護師に採用されるためには、各企業の就職試験に合格しなければなりません。

    上場企業の医務室の看護師は上場企業の社員と同じ考えられ、待遇なども当然他の社員同様ですので、かなり良いはずです。 しかし、企業1社に対する看護師の人数はごく限られ、病院の看護師のように何十人規模というわけにはいきません。 でも、その分採用案件の数が多いとも言え(病院の数より企業の数のほうが多いですよね)、求人が少ないわけではありません。

    産業看護師になるには保健師の資格があると最も理想的です。 保健師は、看護師試験に合格後、1年以上の保健師養成課程の学校を終了するか、大学で保健師養成の勉強をして、国家試験に合格する必要があります。 しかし、保健師の資格はなかなか取れませんので、次に考えられるのは衛生管理者の資格です。

    衛生管理者は、各企業の衛生管理をする仕事で、「労働安全衛生法」に基づく国家資格です。 この試験を受けるためには、大学又は高等専門学校卒業者は1年以上、それ以外は3年もしくは10年の労働衛生の実務経験が必要です。 実務経験が必要なので、まず労働衛生に携わる職場で働かなければなりません。試験も簡単ではありません。 ちなみに、保健師の資格をとると自動的に衛生管理者の資格も貰えます。

    ただし、これらの資格は必須ではないようです。大手企業の医務室勤務なら有利かもしれませんが、通常の一般企業では必要としていません(そこの医師が資格を持っています)ので、持っていたからと言って、就職に有利とかはありません。 派遣やパートとして勤めて実務経験を積みながら、勉強して衛生管理者を取るという感じでしょうか。

    問題は、企業サイドが従業員の健康管理や安全衛生に積極的かということです。 折角、産業保健師として採用されても、仕事ななくてお茶のみ雑談では仕方ありません。 極力楽な職場をお探しの方には、うらやましい職場になりますが、 積極的にこの仕事に関わりたい方には、かなり物足りなくなってしまうかもしれません。
    ディップはたらこねっと

     

    ナース人材バンク