• TOP
  • 転職先について
  • 看護師転職サイトランキング

     

     

    転職先について

    クリニックの求人ニーズについて情報をまとめてみましょう。

    意味的には、診療所や個人病院、各専門分野の病院全般を表す幅広い言葉です。実際あなたも、様々なクリニックを目にしたことがあるでしょう。

    皮膚科だったり、婦人科だったり、美容外科や美容形成外科だったりしますよね。

    中でも、求人ニーズが高いのが美容(形成)外科です。

    特に美容外科や美容形成外科では、○○クリニックと名乗る所が多い気がします。

    ○○美容形成外科病院、よりも、○○美容クリニックの方が耳馴染みも良いですしね。

    良くCMを流している美容外科も、クリニックだったりしますよね?

    病院のイメージよりも、クリニックという言葉のイメージの方が、お客さんの心理的な抵抗が薄いのかもしれませんね。最近は男性でも整形を考える人が増えてきたようです。

    就職・転職の際にはしっかり情報を入手しましょう

    そのようにクリニックという言葉には幅広い意味がありますが、その分、就職する際にしっかり情報を入手したいですよね。

    しかしなかなか、自分一人では難しいのも事実。

    ぜひ転職サイトや人材紹介会社を利用してください。

    特にその地域に強い人材紹介会社を利用することで、希望の働き方(夜勤専従、託児所あり、残業なし)など、自分で転職活動するよりも交渉しやすくなりますし、通常の求人サイトにはない非公開求人にもアプローチできるようになります。

    登録することで負担も軽減されますしね。

    あなたに合ったクリニックを見つけるためにも、ぜひ活用して下さいね。

    看護師は企業からも求められています。

    看護師と言えば病院への就職、と思われている方が多いかもしれません。

    実際に看護師は企業からも求められています。

    病院ではなく企業なので、色々と違いはあります。

    一般的に病院への就職は、結婚後でも再就職しやすかったり、患者さんと関われることに魅力を感じている方が多いようです。逆に勤務時間が不規則だったり、体力勝負な所があります。

    企業への就職の場合は、一般的に週休2日、勤務時間は日勤のみです。中には遅い時間まで働く企業もありますが、あくまで一般企業ですから、病院の夜勤とは感覚が違います。

    デメリットとしては、医療現場とのギャップや、患者さんとの関わりの少なさでしょうか。

    看護師資格を活用して就職しましょう

    看護師として働くという意識ではなく、「看護師資格を活用して就職する」という気持ちの切り替えが必要かもしれません。

    しかし、やみくもに企業を探すよりも、転職サイト、人材紹介会社を活用した方が良いでしょう。

    今は使える転職サイトが多々存在します。

    中でも特におすすめできるホームページ(求人サイト)をご紹介していきますね。


    保育園では、毎日、朝から、多くの小さな子どもたちと接することになります。子どもというのは、日々体調が変わることもありますし、大人のように、自分で体調の変化に気がつかないということもあります。自分で、からだのどこかが調子が悪くても、口に出して言えないこともあります。

    ですから、病院やクリニックでの仕事とは、違う面もたくさんあると思いますが、子どもが大好きという人には、向いている勤務先になるでしょう。もし、保育園での看護師の仕事をお探しの場合は、様々な看護師転職サイトなどで調べてみましょう。


    看護師の転職を考えるにあたり、病院以外の選択肢のあります。病院以外というと一般企業や学校、幼稚園といったところになります。学校で看護師の資格をいかすには、保健室で生徒の病気やケガの応急処置とそれ以外の仕事が入ってきますが養護教諭という職があります。しかし、看護師がそのまま学校に勤務するかといって、養護教諭になれるわけではありません。

    看護師の資格と保健師の資格を持っていれば、申請するだけで養護教諭になれます。保健師の資格を持っていない看護師は、短大もしくは養護教諭の養成学校で養護科目30単位、教職科目12単位以上を取って卒業すれば養護教員の資格がもらえます。公立や私立の学校の養護教諭になりたい場合には、各都道府県や各学校の教員採用試験に合格する必要があります。

    また、養護教諭には1種と2種がありますが、働く上での特別な違いはないそうです。1種を取るには大学を出ているパターンが多いので、その大学卒業というところで給与の差はあるようですが、1種、2種だけで給与の差はないようです。

    晴れて養護教諭になったものの、生徒のケガや体調不良を処置する以外に、メンタル面での相談なども仕事範囲に入ってくるようです。近頃では、生 徒だけでなくストレスを抱えた教師のメンタルケアも行っているようです。昔と違って最近の教師は、生徒の親とのトラブルや学校自体が荒れている場合もあ り、精神的に疲れてしまっているようです。

    保健室にいる養護教員は、教師ではないので生徒たちもいろんなことを相談しやすくなっていると思います。そのような大事な仕事もすることとなり、病院とは違うやりがいを感じる人が多いです。学校内の安全や衛生面の管理、環境汚染の実態調査なども手がける例もありますので、病院では得られなかった満足感もあるようです。

    現在看護師として働いている人も10年後、20年後を見据えて行動することが大切です。ずっと病院の看護師と働くのか、一般企業で看護師の資格を活かすのか、学校で養護教員いなるのか。いずれも、それなりに準備や身につけるる資格などもあるので、まず、看護師の資格を活かして、病院以外で働くということを自分なりに調べてほしいです。そんなときに使えるのが、看護師に特化した転職紹介サービスです。いろんな転職事例があるので、あなたは転職でミスすることなく、未然に軌道修正もでき、来るべき日にあわてない転職ができるでしょう。

    看護師の求人というのは、ここ何年かで、ずいぶん変わってきたと言えるのではないでしょうか。かつては、看護師の求人というと、圧倒的に、病院やクリニックなどでした。

    今でも、もちろん、看護師の求人の多くは、病院やクリニックではありますが、その他の医療機関や、あるいは、医療機関ではないところでも、最近では看護師が必要とされています。例えば、そのひとつが、有料の老人ホームです。かつては、有料の老人ホームというのは、それほど数がありませんでしたが、最近では、当たり前のように有料の老人ホームの数が増え、また、これから、高齢化社会になるにつれ、さらに、有料の老人ホームは増えていくことと思います。

    有料の老人ホームでは、一般の病院で勤務する看護師とは、ずいぶん仕事内容も違ってくることと思いますが、人の役に立ちたい、とか、あるいは、老人のお世話をすることで、看護師の仕事のやりがいを見つけたいと思っている人には、ちょうどぴったりの勤務先になるでしょう。

    これから、有料老人ホームで求められる看護師の数は、増えてくることと思います。
    護師として転職する際、常勤か非常勤かでその勤務スタイルを選択することが出来ます。常勤と非常勤、呼び名は違えど患者さんにとってはどちらもれっ きとした看護師。看護師として、その働き方に大きな違いはないはずです。では、常勤看護師と非常勤看護師の違いはどんなところにあるのでしょうか?

    常勤看護師と非常勤看護師の違いは、その勤務体系にあります。常勤の場合、雇用期間が特に定められておらず、勤務時間も日々固定であることがほとん どです。一方非常勤の場合、1年単位の更新制である等任期が定められている場合が多く、常勤と比較して勤務時間がまちまちであるのが特徴と言えます。ま た、給与体系としてもその違いが明らかで、中には非常勤看護師には賞与の支給がなかったりすることもあります。常勤看護師と非常勤看護師、傍目からみれば 両者の働き方になんら相違はないように思われますが、その内情はかなり違うものなのです。

    しかしながら、非常勤看護師として働くメリットは確実にあるとも言えます。常勤よりもフレキシブルな働き方ができる非常勤看護師、家庭と仕事とのラ イフワークバランスを図りやすいのが大きな魅力と言えるでしょう。また、任期付という点においても、定期的に自分の働き方を見つめる良い機会を与えられて いると解釈することが出来るため、必ずしも絶対悪とは言い難いポイントです。

    ナースのお仕事には、正看護師、アルバイト・パート、派遣といった雇用形態があります。
    正看護師・派遣での求人は数多くあるのですが、ママさん看護師や主婦看護師の方など、忙しい時間の合間にお仕事をしたい方もみえる事でしょう。

    ここで問題となるのが、「週2・3回」などの希望に合った求人がなかなか見つからないということです。

    そんな時は、看護師の就職支援サイトに登録してみてください。
    キャリアコンサルタントがあなたの希望のお仕事をお探しします。

    「週1回」、「夜勤専従」、「検診」、「ツアーナース」など、あなたのご希望にあったお仕事を見つけられることでしょう。単発や短期などの求人も豊富に取り扱っています。

    キャリアコンサルタントにお願いをすれば、雇用形態や勤務条件を代理で交渉してもらう事も可能です。
    本来はアルバイトでの募集がない場合でも、アルバイト雇用に交渉も可能ということですね。
    看護師の転職先の中の一つに企業の医務室勤務というのがあります。 企業の従業員の健康管理などを行う職業で「産業看護師」などとも呼ばれます。 産業看護師に採用されるためには、各企業の就職試験に合格しなければなりません。

    上場企業の医務室の看護師は上場企業の社員と同じ考えられ、待遇なども当然他の社員同様ですので、かなり良いはずです。 しかし、企業1社に対する看護師の人数はごく限られ、病院の看護師のように何十人規模というわけにはいきません。 でも、その分採用案件の数が多いとも言え(病院の数より企業の数のほうが多いですよね)、求人が少ないわけではありません。

    産業看護師になるには保健師の資格があると最も理想的です。 保健師は、看護師試験に合格後、1年以上の保健師養成課程の学校を終了するか、大学で保健師養成の勉強をして、国家試験に合格する必要があります。 しかし、保健師の資格はなかなか取れませんので、次に考えられるのは衛生管理者の資格です。

    衛生管理者は、各企業の衛生管理をする仕事で、「労働安全衛生法」に基づく国家資格です。 この試験を受けるためには、大学又は高等専門学校卒業者は1年以上、それ以外は3年もしくは10年の労働衛生の実務経験が必要です。 実務経験が必要なので、まず労働衛生に携わる職場で働かなければなりません。試験も簡単ではありません。 ちなみに、保健師の資格をとると自動的に衛生管理者の資格も貰えます。

    ただし、これらの資格は必須ではないようです。大手企業の医務室勤務なら有利かもしれませんが、通常の一般企業では必要としていません(そこの医師が資格を持っています)ので、持っていたからと言って、就職に有利とかはありません。 派遣やパートとして勤めて実務経験を積みながら、勉強して衛生管理者を取るという感じでしょうか。

    問題は、企業サイドが従業員の健康管理や安全衛生に積極的かということです。 折角、産業保健師として採用されても、仕事ななくてお茶のみ雑談では仕方ありません。 極力楽な職場をお探しの方には、うらやましい職場になりますが、 積極的にこの仕事に関わりたい方には、かなり物足りなくなってしまうかもしれません。

    Page top

    ディップはたらこねっと

     

    ナース人材バンク